2019/06/25 Posted by AYA

ペルシャジュータンを見に行ってきた‼︎奥州市 アンティーク家具店 ロイヤル サンタ✨

こんにちは!ayaです。

みなさん、奥州市に素敵なアンティーク家具屋さんがあるのをご存知ですか⁉︎

そう!そのお店です!!国道沿いにある
“Royal  Santa” ロイヤルサンタ🛋

広い店内に1歩足を踏み入れると、味わいのある家具達が多数あり、そこは現実離れした異空間✨

店内の品々は、1つ1つ丁寧に修復されているので、状態の良いものばかりで驚きました✨(ちなみに、金額も驚きです^^;)

全てに素材の温かみが感じられ、大切に使われてきたのだなぁ…  と、家具から時代を感じとれるようでした(*´∇`*)

ペルシャとは?どこの国??

“ペルシャジュータン”よく耳にするし、出先で見かけてはいつも素敵だなぁ…と立ち止まってしまいますが、どこの国⁇

ペルシャとは、現在のイラン周辺の事で、かつてはペルシャと呼ばれていたそうです。

ペルシャジュータンはなぜ高い??

2度見してしまった価格帯(゚o゚;;
見るのは自由だしぃ〜〜〜♪と、思いつつも高すぎる…

ペルシャジュータンは、全て手織りであること!

1つ1つの細かい模様を作る為、小さな物でも6ヶ月、大きいものだと2年もかかるそうです。

良質なペルシャジュータンは、時が経つにつれて価値がどんどん上がっていき、100年経っても色彩や艶をほぼそのまま保つそうです✨

次の世代から、又次の世代へ…
家宝のような役割を果たすそうです✨

ペルシャジュータン ウールとシルク

シルクのジュータン!!触らせて頂きました!!
ツルツル&すべすべ♡柔らかくて気持ちいい〜♡

シルクは、主に装飾的な要素が強く、タペストリーにして飾ったり、額に入れて楽しみます!

外国では、暖をとる為に大きいジュータンを壁に飾ったりしているそうです。

ウールは、ズッシリと重くシルクと真逆の手触りでした(゚o゚;;

ですが、摩擦に強く長持ちします!ウールは、湿気を吸収する役割もあり、これからの梅雨の時期にオススメです!

店主さんが海外に行った時、初めはジュータンを避けて歩いていたそうです。もちろん値がはるものだと知っていたから…

しかし、海外の同じ家具屋仲間に、怒られたそうです(゚o゚;;
「なんで、避けて歩くんだ!!踏みつけて、しなやかにした方が価値が出るんだ」と…

古くなって、踏みつけて、しなやかにして草木染めの色が綺麗に変色していく過程を楽しむそうです✨

日本人は、新しいものが1番高いと思っているけど、ウールだと100年、シルクだと30年でアンティークになる!!と、笑顔で話された店主さんが印象的でした(*^^*)

あなたのお宅でも、眠っているブランド服はありませんか?
まだまだ価値あるものです!

ごえんの出品代行を利用してみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちら→ブランドクローゼット

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30