2019/04/11 Posted by fue

さくらねこ TNRとは??

皆さんはさくらねこって知っていますか??

耳が桜の花びらのようにカットされた猫達のことです。
それは、一時保護され不妊手術を受けたことの印です。

猫は1年に「3回程出産」し、「1回におよそ5匹以上」生まれます。
子猫は半年で、妊娠可能なまでに成長するのでどんどん増えていってしまいます。

全ての猫たちが幸せに暮らせればそれで良いのですが、そうはいかず
のら猫になってしまった子たちは、保健所に連れて行かれ、殺処分されてしまいます。

無責任に捨てたり、不妊手術をしない外猫達出会い、6匹生み、またその6匹の子猫たちが6匹生み・・・

不妊手術が可哀想だと思う人もいると思います。
私もそう思います。

ですが、後々に増えてしまう命の全てに最後まで責任をもつことが出来ないのなら不妊手術は必要ではないでしょうか
殺処分される為に生まれてきたわけではないのです。

 

さくらねこ TNRとは??

Trap(トラップ): 捕獲すること

【注意】猫がケガをしないように!
•連絡先、目的など書いた張り紙をつける。
•捕獲機を仕掛けている間、その場所から離れない。
•猫が捕獲機に入ったら、布で捕獲機全体を速やかに包み込んで猫を安心させる。

Neuter(ニューター): 不妊手術のこと

・不妊手術済みの目印として、猫の耳先をVカットします。出血もほとんどないそうです。
・全身麻酔がかけられているので、猫は痛くありません。

Return(リターン): 猫を元の場所に戻すこと

・猫ボランティアさんは術後経過観測をすること
・餌は置き餌をせず、猫が食べ終わるのを待ち、あとかたづけと掃除をすること
・捕獲もれの猫は速やかに捕獲してTNRを行う事

 

皆さんが同じ考えを持つことは難しいかもしれません。

違った形で、支援を行う人もいると思います。
ただ、こういう命の守り方もあるのだということを知っておいてもいいのではないかと思います。

猫や犬を家族に迎える際に、ペットショップではなく譲渡会や里親探しの制度を検討するだけでもいいと思います。

一つでも多くの命が救われますように!

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30