2018/11/01 Posted by サオリン

YAMAHA SAXネック劣化? ~AG1/AV1吹き比べ!再塗装!~

いつもご利用ありがとうございます!

管理チームのサオリンです(‘ω’)ノ{ハァヨイショッ!

 

すみません、相変わらず趣味の話で突っ走ります。

 

先日、十数年前に購入したMy SAXの部品を新品に交換してみました。

ネックという部分で、文字通り「首」のことです。

 (ふふふ、たのしそうに吹いてやがる)

 

「楽器は良いものを買うと一生もの」とは言われていますが

やはりメンテナンスが必要です。なんか反応悪いな~歳かな~と悩んでいたところ

とある筋から「ネック交換すると新品のような吹き心地だよ~」と聞いたので思い切って!

 

以下、YAMAHAの回し者並みに製品紹介します(‘◇’)ゞ

私の使用している楽器はYAMAHAのYAS-875という機種なので

それに合うものを~ということで取り寄せてもらったのは

AG1とAV1という2つの機種です。

 

AG1ネック特徴

■公式メーカーより

密度のある響き、適度な抵抗感を持ちながらも息が入りやすく、

特に高音域でのコントロールのしやすさが特徴です。

 

ふむ!わからん!

 

■サオリン試奏感想

もともとオリジナルの875のセッティングにも用いられているだけあって違和感なく。

「適度な抵抗感を持ちながらも息が入りやすく」ってどゆこと?と思いましたが、

さすが公式さんのおっしゃる通り、多少力業でも薄っぺらくなく密度の高い音が鳴ってくれます。

pp~ffまでの反応もよく、特にppでもしっかり音として鳴ります!

よりJAZZ用リード&マウスピース、吹奏楽クラシック用リード&マウスピースの音色の違いが

顕著にでる印象でした。吹き分けが楽しいです!

 

AV1ネック特徴

■公式メーカーより

息がしっかり入り余すところなく楽器を鳴らすことができます。抜群の吹奏感でクリアで豊かな響きが得られます。ダイナミクスレンジの広さが特長です。

 

めっちゃいいらしいのはわかった!

 

■サオリン試奏感想

公式謳い文句だけきくと、AV1のほうが良さそう!とは思ったものの

主観で申せば抵抗感はAV1のほうが無いように感じますが、ちょっと暗め深めな音色の印象です。

吹奏楽クラシックでは明るさ華やかさが好きな指揮者が多いので、他のパーツをで工夫が必要な気も?

JAZZ系に特化したいならこちらのほうが深みのある音色に近づけるのでそういった点ではかなり素敵な機種です!

こちらもやはり反応は良いです。G1同様にpp~ffまで高音のコントロールも楽です!さすがYAMAHA様。


 

迷った挙句の購入品はこちら!!!!

ジャンル問わず吹き分けできそうという点でやはりAG1。

 

そしてネックの新品購入のついでに野望がございまして…

2年迷って迷ってサックスフリーク達に相談しまくったこちら。

じゃーーーん。

ピンクゴールドに再塗装を頼みました(/・ω・)/{き、きれいーーー!

 

ピンクゴールドの利点は

◎ゴールド(GP)と同様に華やかさがでる。

◎銀も含まれているので倍音(響き)がUPして柔らかい音色になる。

 

とされていますが、

✖ラッカーから再塗装すると抵抗感が増える。

✖初心者にはコントロールが難しい。

と色々と噂されていますね。

 

その噂にビビりまくりながらも再塗装しちゃった感想を述べます(^^)/

 

吹奏感

息が入りづらいなどの抵抗感なく、むしろ減りました。スコーーーンと息が入ります。怖い。

現在バンドレンの青箱3を使っていますが、ちょっと硬めのリードに調整すると丁度よくコントロールできました。

反応がかなり良く、わざと汚くというときは良いですが、疲れてきてアンブシュアが安定しないとノイズが入る…という印象が。

よいところも悪いところも素直に音に出ます。(ちきしょーめ!)

未熟者の私にはスタミナ切れの際の悪い癖がよくわかって逆に勉強になりました(泣)

 

響き

とーっても遠鳴りがしますので、大きいホールで吹くときにも対応できますね!

なんというか、自分で吹いているときは本当に遠くで音が鳴っているように聴こえます。

初めて合奏で使用した際は、友達に「ねえ。私の音地球上に存在してる…?」と聞いて爆笑されるほど。

半防音にカーペットを敷いている自室で練習しても、ふわっと響きが残るほど倍音が含まれてると感じました!

なおラッカーの時はさほど残りませんでした。お恥ずかしい( ;∀;)

 

気になるお値段

お高いんでしょう?

お高いです!時価っていわれます!(笑)

 

ばかみたいな値段というわけではないですが

今回は2~3万円ほどでキーまで塗装して頂きました。お近くの楽器屋さんへ相談を(^^)/

そう、増税の前にね★

 


結論から申しますと、ネック新調も再塗装もすごくおすすめです。

 

新品に交換すると反応がとてもよくなる。音程コントロールも落ち着く!

再塗装は響きの良さが劇的に変わる!

 

機種比較については主観での感想なので人によるかと思いますがm(__)m

 

公式さんが提示しているお値段はコチラより。

金銀の純正品はございますが、ピンクゴールドや超超高いけど超超超いいプラチナなどはお近くの楽器屋さんへ相談してみてください。

楽器屋さんなんてオタクの極みですのでニヤニヤうれしそうに説明してくれます(笑)※褒めてます。

塗装前の状態も扱いやすくて好きだったので、純正のラッカー仕様かGP仕様も近々仕入れたいですが…年越しがお茶漬けのみになりそうなので

しばらく我慢です…(-_-)だってカニしゃぶがしたい…!

 

長年の相棒をお持ちの方は、お近くの楽器屋さんでネックのみでも新品で試奏してみるのもよろしいかと。

なるべくネットで買わず、試奏時に楽器屋さんとあれこれお話しするのも楽しいですよ♪

そしてちょっとお値段サービスしてくれたりしますよ(小声)

 

じゃあ古いネックはどうすりゃいいんだ!という方

売りましょう(*‘∀‘)長い間ありがとう…と感謝の気持ちとともにご相談ください(‘ω’)ノ

といいつつ、私はLIVEの方で使うのでまだ初代は売りません。{このすっとこどっこい!

 

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30