2018/10/30 Posted by mari

オススメの缶詰、ホテイのやきとり缶 種類紹介。アレンジもあるよ

私は焼き鳥が大好物である。

「なにが食べたい?」

そう聞かれると、返事は決まって

「や     き     と     り」

その4文字だ。

 

焼き鳥はご飯にも酒にも合う万能食品だ。

特に酒と一緒に食す瞬間は至高のひとときである。

居酒屋で食べる炭火で焼かれた焼き鳥など堪らない。

想像しただけでよだれとせつなさと心強さがとまらない。

だが、私には齢4才になる息子がいる。なかなかその瞬間を味わうことができないのだった。

 

焼き鳥欲を満たしてくれるホテイのおじさん

 

みなさんはこのおじさんをご存じだろうか。

 

 

ホテイのおじさんである。

決して七福神のひとりでもバンビーナのホテイさんでもない。

このおじさんはギターは弾けないが私の焼き鳥欲を満たしてくれる

今の私にはかけがえのない人だ。

缶詰のクオリティーを越えて素晴らしい焼き鳥を

私に提供してくれるのである。

 

焼き鳥といえば「たれ」と「しお」がオーソドックスだが、

ホテイの焼き鳥には様々な味がある。

今回はその何種類もある味を紹介していきたいと思う。

 

THE 焼き鳥

 

 

まずはたれ味である。オーソドックスだ。甘めのたれがとても堪らない。

文句のつけようがなく、これぞ THE焼き鳥である。

 

しっかりと仕上がった味付け

 

 

つぎは塩味にいってみよう。おぉ、なかなかのあっさりだ。

だが「塩味」と言うと味が薄い印象があったがそんなことはない。

しっかりとした塩気がそこにはある。

 

米に合う薬味、これぞ柚子胡椒

 

 

予想以上に柚子胡椒の主張が激しい。米が欲しい。

できれば米と一緒にいただきたい。

酒だとどうだろうか。やはり日本酒あたりと合うのだろうか。

 

お互いの良さを尊重しあう良い関係

 

 

ニンニクと胡椒が効いているが焼き鳥の良さを消しておらず

缶詰の中でお互い良い関係を築きあっていたのが口の中で想像できる。

わかりやすく言えば焼肉のたれのような味、と言えばよいだろうか。

 

程よい辛さの大人の焼き鳥

 

 

香ばしく焼き上げた鶏肉に唐辛子の辛さがちょうどよい辛みを出している。

程よく甘みもありただ辛いだけではなく

奥深い旨みと辛みのハーモニーが心地よく奏でられている。

 

 

以上で紹介は終わりである。

最後にわたしのオススメの簡単アレンジを紹介しよう。

 

 

卵の黄身を上にのせて一味唐辛子(もちろん七味でも可)をかけていただく。

卵が味をまろやかにしてくれ、何よりも簡単だ。

写真ではご飯の上にのせたが超絶にめんどくさい時は

もちろん缶のままでもできる。そしてうまい。

 

 

ところで、うま辛味のほかにも激辛味という種類があるらしいのだが

残念ながら今回は見つけられることができなかった。

ぜひみなさんには見つけ出して食べてみてほしい。

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30