2018/08/31 Posted by KZ

【話題のスポット】秋田県由利本荘市 鳥海山 木のおもちゃ美術館【連休のお出かけに♪】

8月もあっという間に終わりですね!9月は連休がいっぱい♪子供たちをどこに連れて行ってあげようか悩んでるパパママも多いはず。。。

最近TVで知りました木のおもちゃ美術館なるものが気になったので調べてみよーーー!

木造校舎を再生!木のおもちゃ美術館【2018年7月1日オープン】

国登録有形文化財であり地域の方に長年愛され、守られ続けてきた「旧鮎川小学校」が東京おもちゃ美術館のプロデュースで生まれ変わったのが「鳥海山 木のおもちゃ美術館」!!

地元産の木を使ったおもちゃや大型遊具を設置し、「子どもが楽しむための施設」というだけでなく市内の林業関係者や子育て支援団体の新たな活躍の場として子どもから大人までが楽しめる「多世代交流・木育美術館」とすることを目指しているそうです。

子供と一緒に楽しめる木のぬくもりあふれる空間

旧体育館はもりのあそびば

子供って高いところに登るの好きですよね!5000個の「木のどんぐりプール」や、26室の「遊びのこべや」があるらしいです。

おもちゃ学芸員なるボランティアスタッフが「遊びの案内人」として遊びをサポートしてくれるので楽しみ方が広がりそうですね。

赤ちゃん連れでも安心!ハイハイひろば

2歳以下の赤ちゃん専用のお部屋!安心して遊ばせられます。お隣には授乳スペースも完備しているようです。ママに嬉しい施設ですね。

木のおもちゃ美術館の入場料は?上履きは必須!?

開館時間 9:00~16:00 (※最終入館は15:30)
休館日 毎週木曜日・年末年始 (※木曜日が休日の場合は翌日)
入館料 【一般の方】
おとな 800円
こども(小学生以下) 600円

思ったよりもリーズナブルです!!年間パスポートもあるみたいです。家が近かったら…ね。

「ケガの防止」と「施設・設備の保全」の観点から、上履きの持参をお願いしているようです。大人用の貸し出しスリッパもあるようですが本気で楽しむなら持っていきましょう。

美術館の詳細はこちらの公式ホームページをご覧ください!魅力いっぱいです。

プロデュースした東京おもちゃ美術館も気になりますね!!

おもちゃ列車「なかよしこよし」に乗って出かけよう!

最寄駅である鮎川駅まではおもちゃ列車なるものに乗っていけるようです!こんな素敵な車内わくわくしますよね!なかよしこよしってネーミングも可愛いです。

最新の時刻表や運賃については由利高原鉄道ホームページへ

 

みなさん秋の連休楽しんでくださいね。それではまた!!

 


連休はどこにも行かないよというアナタは家に眠っている不要品を整理してお小遣いにしちゃいましょう!

面倒なオークション出品作業はブラクロにお任せ!

 

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30