2018/07/31 Posted by OK

スラックライン GIBBON CUP 2018 第2戦 岩手大会 銀河モール花巻にて開催

本日も皆様お仕事お疲れ様でした。OKです。

逆走迷走台風も、まだまだ収まる気配もなく再発達している様子ですが、
いつどこで、どんな豪雨災害に見舞われるかわからない昨今。
「自分だけは大丈夫!」なんて油断は命取り!
災害への備えは万全にしておきたいものですね。

さて、明日から8月。
我娘は部活を引退し、のんびり(グータラ)夏休みを過ごしておりますが、
今週の日曜、7月29日。
その娘と二人、スラックラインの大会を観に、銀河モール花巻に行ってきました。

スラックラインって何?

スラックラインとは、
幅5cmの綱の上でアクロバティックな演技を披露する見応えのあるライフスタイルスポーツ。
年齢や性別、体格などに制限されずにバランスやインナーマッスルを鍛えることができるスポーツとして、学校やフィットネスジム、アスリートのトレーニングや理学療法にも取り入れられ、ここ数年で競技人口が激増しています。

 

スラックラインとの出会い。

…2年前、お台場に遊びに行った時、DECKSのスポーツ品店で試し乗りしたのが最初でした。
幅5cm、全長3mの最短距離なのに渡り切れませんでしたが、綱のしなりがかなり癖になる感じで、
バランス感覚、体幹、集中力などを鍛えるには持って来いだと思いました。

 

GIBBON CUP(ギボンカップ)って何?

このスラックラインの大会のことで、
今年で8回目を迎えるJSFed(日本スラックライン連盟)の公認大会です。
世界で最古のスラックラインのシリーズ戦となるようです。

<<シリーズ戦全日程>>

第1戦:ギボンカップ 第1戦 2018東京
・日程:2018年4月14日(土)・15日(日)
・場所:東京都世田谷区 二子玉川ライズ ガレリア

第2戦:ギボンカップ 第2戦 2018 東北
・日程:2018年7月29日(日)
・場所:岩手県・花巻市 銀河モール花巻

第3戦:ギボンカップ 第3戦 2018 山梨
・日程:8月18日(土)
・場所:山梨県南アルプス市 南アルプス市櫛形総合体育館

JSFed(日本スラックライン連盟)の公認大会が岩手、花巻で開かれるなんて!!
間近でトリックを見れて、私も娘も鳥肌ものでした!!

 

ラインテープ(綱)さえあれば簡単に始められます。

スラックラインと保護材があればOK
スラックラインキットとツリーウェアという木の保護材さえあれば、家族で挑戦可能です。
いやいや私には歩けないと思うなら短く張りましょう。3mとかで張ればすぐに歩けます。
そこから長さを伸ばせばいいんです。
コツなんか知らなくても、そのうち体が慣れて勝手に歩けるようになるようです。

 

【全品365日あす楽対応!】
Gibbon ギボン CLASSIC LINE X13 クラシックライン×13 Yellow イエロー 13840
クラッシックライン、初心者にもっとも人気のあるギボン定番モデルです。

 

アウトドア・スポーツジャンルの
オークション代行は
ブラクロにお任せ!

アウトドア用品やスポーツブランドの出品代行は、ブランドクローゼットにお任せ下さい。 
レアアイテムやギアを手放すなら高価売却で、今よりも高性能品を手に入れたいですよね?
流行変遷が早く、性能もすぐ進化するジャンルなので、
眠らせておくくらいなら、即!売却した方が高価落札が期待出来ます!!

👉お申込みはこちら

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30