2018/01/17 Posted by ミッチー

北上発!UTO(ユーティーオー)の最高級カシミヤ製品の魅力とは?

明けましておめでとうございます🎍

2018年、戌年のミッチーです🐕ワン。ワンは1回!よ~し~よしよしよし👴🏼(内のじいちゃん金右ェ門91歳 弱ボケ中)

本年もよろしくお願いします😊

 

東北もまだまだ寒い時期でございます🌨☃水道管の水ぬきが大変です😟ぬかないと水道管が破裂してしまいますので💥やっちゃいました😭

本題にはいります🕺🏿寒い時期のファッションといえばアウター、レイヤード、小物アイテムですね✨

今回、私が注目💡したのは岩手県北上市下江釣子で製造されている、「最高級カシミア UTOカシミヤ100%🐏 両畦マフラー(北上の職人技)」です。

写真画像:北上ふるさとチョイス UTOサイト

商品ページ:https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/03206/404078

 

私は北上に住民票を移して早4年の月日が経ちますが北上でこれだけの良質なカシミア製品が製造されていることを今まで全く知りませんでした。お恥ずかしい😓

知ったきっかけは北上のふるさと納税サイトを運営している方とお仕事をすることになりそのサイトの返礼品で知り興味がわきました😉

 

UTO(ユーティーオー)とは

ユーティーオーは1992年に東京・青山でニットメーカーとして創業。
自社で一貫して、企画・製造・販売をする日本では数少ないニットメーカー。
①受注生産で自分サイズのニットを仕立てることができる『UTO』
②レディメイドでデザイン性に富んだ『UTO kitakami』の2ブランドを展開。
UTOの製品は岩手県北上にある直営工場と、日本国内の熟練した職人達の協力でつくられています。

ニット製造への追求信、ユーザー目線👁のサービスにものすごい熱意を感じます🔥💪!
1度、工場見学に行ってみたいです!近いですし🏂🏻💨💨💨ちなみに自分は行けてません。弊社のYU-YAとオノデラが行ってきましたので後で聞いてみます👂

UTO紹介ページ:https://uto-knit.com/about-uto

岩手工場紹介ページ:https://uto-knit.com/factory

 

なぜ世界最高峰のカシミア素材の商品を東北岩手県北上市で製造されているのか?

代表取締役の宇土 寿和さんはイタリアや英国を始め台湾、韓国、中国など多くのアジアのニット製造メーカーと仕事をするために現地の工場を訪れていたそうです🌎そこで宇土さんはニット作りのレベルと意識の強さなどを知る貴重な経験をされたそうです。そんな経験を基にして現在の岩手の職人さんと出会いレベルの高さは贔屓目を抜いても群を抜いていたそうです。そこで東北岩手県北上市にニット製造工場をつくったそうです。日本人の器用さ、真面目さ。東北人の粘り強さなどは日本人職人の誇りですとおっしゃておられます。

私も東北人です!宇土さんの言われる東北人に恥じぬように私も日々、精進したいと思います。

弊社でも色々なアパレル商材を扱っております。一つ一つの商品には制作から完成するまでのストーリがあり、職人、デザイナー、関係する人達の想いがのっている入り込んでいます。その商品をお客様へ繋いでいくことが私達の使命だと思っております。

写真画像:UTO

ヤフオク ブラクロ ショップサイト : https://auctions.yahoo.co.jp/seller/goeninc

UTOkitakami販売サイト : http://uto-cashmere.com/?mode=cate&csid=0&cbid=1852605

UTO販売サイト : http://uto-cashmere.com/?mode=cate&csid=0&cbid=2185536

ふるさとチョイス UTO販売サイト : https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/03206/404078

 

☆彡下記はカシミアについてです。興味のある方に読んでいただけら嬉しいです。☆彡

カシミアとは

カシミアとはそもそもなになに?🤔
高級というのはわかりますが、少し調べてみました📖

カシミヤ(カシミア)をヒツジの一種だと思っている人もいるみたいですが、
カシミヤはヒツジではなく「カシミヤゴート」という山羊🐏です。


写真画像:ウィキ

カシミヤ原毛の主な産地は、中国、モンゴル、イラン、アフガニスタン、ロシアといったアジアの国々🌎それらの国々の中でも、冬は零下30度以下の極寒☃、夏は逆に30度を越す猛暑🌞という、厳しい気候条件の中で生きています🐏

すごい世界🌎で生きぬいていますね。修羅ですね👹🐏

あの軽くて柔らかいモフモフカシミヤのうぶ毛は厳しい気候から身を守るために神様がカシミヤに与えてくれた特別な贈り物✨だといわれています。

カシミヤゴートの物語がうかんできますね✨

 

カシミアの素材の特徴とは

カシミア素材の特徴は大きく3つあります。

1つ目

1つ目は軽さと保温性・保湿性に優れています🐏軽いのに保温性・保湿性に優れている理由は繊維が非常に細く1本の糸をしあげるにあたり、より多くの繊維を束ねれるわけです。その結果、軽さと保温性、保湿性を生みだすわけです👩🏼‍🏫💡

下記は繊維の参考例です。

【繊維 例】

カシミヤ:約14~16ミクロン

上質羊毛:約19~20ミクロン 

モヘア:約30~50ミクロン

人間の毛髪:約40~50ミクロン

※1/1000mm=1ミクロン

なるほどですね😌

2つ目

2つ目は柔らかい肌さわり👋🏻と上品な光沢感と風合いです🐏カシミヤ繊維は非常に細くしなやかで、皮膚刺激の少ない繊維の為、肌さわり👋🏻はとても柔らかいです。また繊維表面には突起の少ないキューティクルが鱗状におおわれています。※キューティクル(毛小皮:毛表皮)は、毛の表面をおおっている部分。 外部の刺激から毛髪内部を守り、コルテックスのタンパク質や水分が失われないように働くと同時に、髪(毛)につやを与えています✨
突起が少ないことにより表面はフラットな状態となり、光を真っ直ぐに反射させ、美しい光沢感を生み出します✨更にカシミヤに含まれた油脂が、カシミヤ繊維の表面を覆うことで、カシミヤならではの風合いを醸し出します✨👩🏼‍🏫💡

3つ目

3つ目は弾力性に優れ型崩れしにくいことです🐏カシミヤは非常に伸縮率に優れた素材です。
羊などの獣毛素材と比較しても、約40%以上伸びがあります🐏
これは生地のしなやかさや滑らかさを生むとともに、糸そのものに強い”復元力”を持たします🐏
結果、型崩れのしにくいカシミヤニット製品へ繋がります✨👩🏼‍🏫💡

 

デメリット

それではメリットだけではなくデメリットもしっかりお伝えしたいと思います🐏性質上、ピリング(毛玉)、が発生しやすいです💥繊維が細いのは上記で伝えましたが繊維が細いので糸どうしがどうしても絡みやすくなります💥デリケートな素材の為、定期的なお手入れが必要です🐏

 

カシミアのお手入れ

写真画像:UTO

上記でデメリットをお話しましたがお手入れがとても重要になってきます💡🐏貴重なカシミアを長く使用するには適切なお手入れ方法を知らないといけません💡🐏汚れやホコリはすぐにとりのぞきブラッシングをかける💡🐏シミがついたらすぐにぬれたタオルでふきとり自然に乾かしながらここでもブラッシングです💡🐏長時間着ていると型崩れや毛玉が発生しやすくなるので着る頻度を下げる等、スポーツのようにローテーションが必要です💡🐏毛玉が発生した際は勇気をもってハサミで切り取りましょう💡🐏以上がカシミアのお手入れ方法になります。

お手入れNGポイント⚠

①クリーニングはできるだけ控えましょう⚠カシミアは水分に弱いのでクリーニングにだすとカシミアのぬめりや風合いが徐々に薄れていきます⚠

②合成繊維のブラシは使用しない。合成繊維のブラシを使用すると静電気が発生しやすくなるので繊維を列傷させ毛玉を発生しやすくします⚠ですので柔らかいブラシをオススメします🐏

以上です。少しでもお役にたって頂けたら幸いです。

🐑🐑🐑🐑🐑ウェェ🐑ェェェェェ🐑ェェェ🐑ェェ🐑ーーー🐑ーー

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30