2016/09/15 Posted by 小野寺

ネットショップ販路拡大に必須のコンテンツ!一元管理ツールの検証について

いつもご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

ごえん株式会社の小野寺です。

 

今年の地味な暑さで、会社のエアコンをフル稼働させた結果、

かなり大打撃ともいえるガス料金の明細が届き、やっと涼しくなってきた現在、今年一番の汗をかいております。

 

今月カバーするべく経費の節約で頭がいっぱいです。

さて、それ以上に頭を使う業務を抱えているわけですが・・・

 

ここからタイトルの話になるんですが、弊社のクライアント様で一元管理ツールを利用したいとご依頼がありまして、絶賛検証中でございます。

弊社はクライアントさんの代わりにネットショップを運営しておりますので、新しいツールを利用する場合は、実際のフローから効率的なメリットとデメリットを検証したうえで、導入を検討させて頂きます。

今回はテコラス社が提供しているサービス、TEMPOSTARの検証です。

maildealer_lp_r6_c4

前進ツールのサバスタを利用していた経緯もあり、クライアント様の意向ともフィットした事で、プロジェクトを進めることになりました。

実際、一元管理ツールを利用している企業はどれだけいるのでしょうか。

弊社のように、個物のお取り扱いがメインの企業だと、在庫1の商材がほとんどで、欠品のリスクが非常に高い性質がありますので、できれば利用したい企業は多いと思います。

特にヤフオクの利用が多く、ショッピングモールとの併売の場合は、とても慎重な管理と在庫管理が必要です。

ヤフオクの欠品や手数料のリスクは非常に高いです。

 

そこでやはり活用したい一元管理ツールですが、

便利な部分と、不便な部分がハーフ&ハーフで性質が悪いんですよね。

 

・ヤフオクを自動無限ループで再出品してくれるがコストが高い!

・英語で自動変換してくれるけど、CSVインポートが使えないから効率悪い!

・カタログ機能と翻訳機能が充実していて海外販売は楽になるけど、ヤフオクの作業効率は完全無視!

 

など、使おうかなと思った瞬間に訪れる、テンションが一気に下がる事実・・・

本当にあと一歩の機能性で、本当に素晴らしいツールなのにと何度思ったことでしょう。

 

もちろん、自社でシステムの構築も考えましたが、へぽーん!と思わず叫んでしまう予算になるので

現状では断念。

やはり、どこかの企業が夢のツールを低コストでリリースしてくれないかなと祈っておりました。

 

今回のTEMPOSTARに関しては、

・ヤフオクの出品が無限ループ(しかも追加コスト無!)

 

やっぱり、このシステムを使う上でネックになってくるのが”ヤフオク“の運用なんです。

ヤフオク以外のショッピングモールや自社サイトだけの管理だったら、

一元管理ツールは迷いなく利用したいものですが、

そこに”ヤフオク”が介入するだけで、一気に作業効率が落ちるんです。

 

おなじ経験のある方も少なくないのではと思います。

是非、集まって語り合いたいです。。。

 

APIによって、だいぶ緩和された部分もありますが、

・出品後に管理番号が自動で変わってしまう・・・

・受注はオーダーフォームが入ったものをダウンロードして取り込み・・・

どうしてもあと一歩が残念なことが多い・・・

 

もちろん、一元管理システムを導入するためには共存しなくてはいけないので、

デメリットを補うべく、エクセルでマクロを組んでフォローしたり、チェック項目を増やしたり・・・

それでもメリットを信じて、運用していくしかございません!

もちろん、定休日の在庫管理の自動化は嬉しいですもんね♪

 

まだまだ検証は続きますが、

弊社では一元管理システムを使った運用を希望されるクライアント様に変わって

リサーチさせて頂きます!

 

さて、検証するからにはクライアントさんの意向に合わせてシステムをチョイスできる用に

提供元並みの理解をするべくマニュアルやと戦います!

 

複数店舗の運営でお困りの企業様は、是非ごえん株式会社にご相談下さい!

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30