2017/08/18 Posted by ゆりっぺ

スマホの通知が時計で見られる!?今話題のスマートウォッチについて調べてみた!

こんにちは!
流行りの家電製品・電子機器に目がないゆりっぺですヽ(・∀・)ノ

最近密かに気になっているもの…それは…

 

 

 

「スマートウォッチ」

 

 

 

そう。スマートフォンならぬスマートウォッチです。
先月、かの有名なスーパーブランド「ルイ・ヴィトン」が30万円超えの超高級スマートウォッチを発売したのが話題となりましたね!

出典元:ギズモード・ジャパン

 

 

ということで、今注目を浴びているスマートウォッチについて調べてみました!

 

 

そもそもスマートウォッチとは何なのか?

簡潔に説明すると、
「スマートフォンと連携させて使う時計型のウェアラブル端末」
とでも言いましょうか。
「ウォッチ」と名乗ってますが、まぁ時計というジャンルで分けるのはちょっと違う気もしますね。
有名なのはやっぱり「Apple Watch」かな?(わたしはコレでスマートウォッチの存在を知りました)

 

Apple Watch

 

で、結局何が出来んのよ?

って話ですが、それは次でお話ししましょう。

 

 

スマートウォッチの機能と基本的な使い方

スマートウォッチには様々な機能があります。
先述したとおり、基本的にスマホと連携をして使用するのが一般的です。

・時計機能

言わずもがな、これがないと名称詐欺になりますw
普通の時計と違うところは、フェイス(文字盤)を自分の好みで変えられること!

 

この機能が地味にすばらしい。
私はかなり飽きっぽい性格で、スマホの待ち受けなどしょっちゅう変える癖があります。
なので気分によって色々仕様変更出来るのは大変うれしいのです。
※自分で撮った写真なども使用できる端末もありますよ!

・通知機能

スマホに来た電話、メール、LINE(SNS)などの通知がスマートウォッチで見られる(確認出来る)機能です!
これはスマートウォッチを持つ上で最大の利点と言える機能ではないでしょうか。
スマホをかばんやポケットに入れていて着信やLINE通知に気づかない!という人も多いはず。(←私コレ)
スマートウォッチを付けていれば、着信や通知をバイブ機能でお知らせ!
すぐに気づけるので本当に便利です!
最新の端末ではスマホ同様に文字入力、音声入力出来るものも出てますね。

・その他(動画、音楽の再生・wi-fi機能・消費カロリー心拍数の計測など)

端末の性能にもよりますが、Youtubeやミュージックプレイヤー等のアプリをインストールすれば動画や音楽の再生も可能です!
wi-fi機能がついた端末ではネットサーフィンだって出来ちゃいます。
心拍数や消費カロリー計算が出来るスポーツタイプは、ジムとか通っている人にオススメ♪

 

 

(´-`).。oO(もうスマホいらねーじゃん)

 

 

便利だけどデメリットもあり

様々な便利機能を持ち合わせたスマートウォッチですが、やはりデメリットもいくつかあります。

・バッテリーの持ちが悪い、充電の手間がかかる

これに関しては、技術上まだ難しい問題かとは思うのですが、
現在販売されているスマートウォッチの平均バッテリー持ち時間は約21時間~2日ほど。
機器の性能によってバラつきはあるようです。
例外で「Pebble(ペブル)」というスマートウォッチは約1週間充電なしでいけるそうですが…
合わせてスマホのバッテリーの減りも早くなるとのこと。
常時連携用のアプリを起動させているせいなのでしょうか。

・指紋が付く、汚れやすい

タッチパネル仕様の機器だとやはり指紋の付着が激しいようです。
まめに拭いたり、汚れた手で触らないなど、気をつけていればあまり気にはならないのかな?
※因みにタッチパネル仕様ではないスマートウォッチもあります。

・故障しやすい、修理代が高い

電子機器なので故障しやすいというのもデメリットですね。(使い方にもよりますが)
保証はあるみたいですが、保証期間外や対象外の場合、相当な金額がかかるみたい…。

 

 

まだまだ改善の余地あり。今後の展開に期待したい!

今回スマートウォッチについて調べてみた感想としては、
個人的にはとても欲しい!
と思いましたが、価格がやや高めだったりで即決は出来ない感じです。
もう少し様子見で、今後の販売展開に期待したいと思います。

 

 

(´-`).。oO(でも我慢できずに買っちゃうかもねw)

(´-`).。oO(あとスマートウォッチって「スマホ」みたいに略せないから不便…)

 

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30