2017/07/28 Posted by etsu

日焼け止め効果!紫外線吸収剤って知ってますか?

皆さんこんにちは。ヨギー二abe です。

今回は、これから夏本番って事で

紫外線対策に使われている、日焼け止めについて書きたいと思います。

♦日焼け止めを選ぶ時のチェックポイントとは?♦

まず、日焼け止めを選ぶ時に必ずチェックするところありますよね?

そうです!SPF50とかいうやつ。

SPFやPAって何の事だか皆さん知ってましたか??

説明しよう!!っと、その前に

 

紫外線には3種類ありまして・・・

・紫外線A波(UVA)>シワやたるみの原因

・紫外線B波(UVB)>シミやそばかすの原因

・紫外線C波(UVC)>皮膚病の原因

 

SPFについては、主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。数字が大きいほど効果が高くなります。この数値の意味ですが、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません。

紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

ここでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、そうです!残念ながら日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げているわけではなく、すごく少なくできているよということなのです。チーン

例:SPF1=約20分

      SPF30=600分

つまりSPFとは「時間」ではなく防御力(強さ)であると言えます。
選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うことをおすすめします。
また日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。こまめに塗りなおしましょう。

♦SPF50の日焼け止めにも実は落とし穴が・・・♦

PAについては、UV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。

+が多い程効果が高くなります。

例:PA+++

上記の内容を見ると、SPFやPAが高ければ高い程良さそうに聞こえませんか?

もう絶対焼かない方なら100%、SPF50のPA++++の日焼け止めを買いますよね。

お肌を守りたい!、絶対焼かない!お肌の為!になんて思い

強めの日焼け止めををつかっている方、気をつけて下さい。

なーんと、そこには落とし穴があるんです。

 

紫外線吸収剤

皆さん、紫外線吸収剤って知っていますか?

読んで字のごとく、紫外線を吸収してしまうのです。

SPFが高い日焼け止めは、紫外線吸収剤が入ってます。

これって、お肌守ってるつもりが、お肌に悪い事してます。

最近の日焼け止めには、紫外線吸収剤フリーと書いてます。

紫外線吸収剤フリーの日焼け止めはSPF30が限界だそうです。

こまめに塗り直すしかないですね。

♥私がおすすめする、お肌にやさしい日焼け止めはコレ!♥

NO1  アジュバン プリンシェルP-プロテクト

NO2  アジュバン ボディプロテクト 60g スプレー 日焼け止め

 

プリンシェルP-プロテクトは、アスタキサンチン配合で朝塗ると夕方には顔がリフトアップしてくるので

日焼け止めを塗っただけなのにまるでエステ帰りかの様な・・・

 

たるみを気にしている方必見ですよ!小顔効果抜群です♥

アジュバンのシリーズは、エステ店や美容院で使用されている化粧品でとっても

お肌にやさしいのです。

私はここ最近はずーっと愛用しております。

ちょっとお値段は高めですが、

お肌にとって確かなものを使う価値はあると思います。

何よりも安心して使える事が大事です!

是非おススメします。

 

今年はかなり気温も高めだし、湿度も高め。台風多め。地震も最近多め。

体調崩しやすい時期ですが、何事にも無理をせず

楽しい夏をお過ごしください。

 

 

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30