2017/07/10 Posted by fue

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 チケット先行開始!タイムテーブル発表!!気になるアーティストのステージをチェック!~夏フェス 服装、アクセスは??~

どうも、fueです。

梅雨前ですが暑い!そろそろ待ちに待った夏フェスのシーズン!!

6/6に2018年の最終アーティスト発表がありましたね。

チェックしましたか??

私は、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 ~ロッキンジャパン2018~ へ今年も行ってこようかな~と迷いに迷い・・・迷い中。

フェスに行ってみたいけど、チケットとかアクセスとか、服装とか・・・何かわかんないし、面倒。という方へ
私の経験上の話になりますが、何かの参考に! ・・・なるかな?

 

ロッキンジャパン2018 スケジュール

2018年のROCK IN JAPAN FESTIVALは、
8月4日(土)・5日(日)、11 日(土)・12日(日)
国営ひたち海浜公園(住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4)にて開催されます。
以前は2日間でしたが、2014年から4日間開催になりました。
週をまたぐフェスなんて中々ないです;

                                                   

ロッキンジャパン2018 6/21タイムテーブル発表!!

気になるアーティストのステージをチェックして1日のスケジュールを立てる時期が来ました。

見たいアーティストが遠いステージだとダッシュするか、諦めるか・・・半分ずつ見て楽しむか

計画が重要になってきます。

お昼ご飯の時間も忘れずにスケジュールに入れましょう・・・張り切りすぎると後半バテマスので。

タイムテーブルはこちら↓

 

ロッキンジャパン2018 チケットについて

まずは、【 チケット 】これが無いとまず入れません。

チケットには、種類があります。
1日単位の

・入場券
・駐車券付き入場券

2日以上の
・通し入場券(2日間か4日間)
・駐車券付き通し入場券

※連日限定で8/4と8/11行きたい場合。通し入場券はありません!この場合は、1日単位のを2日分買わないといけません。

ざっくり分けるとこんな感じです。

 

さて、今年のチケット状況はというと ↓↓

第7次抽選先行受付 [受付中]
抽選申し込み受付期間

6月21日(木)19:00~25日(月)23:59

と、公式サイトにありました。

もう、「今年は行く!!」と心に決めた方は早めに申し込んでおきましょう。

早い方々は、雪が残る時期の2月後半あたりから申し込みしております! 早いですよね~先取最先端ですね~
『特別割引先行受付 2月後半』、『2次先行 3月下旬』、『3次先行 4月中下旬付近』・・・と続き
だいたい『7次先行 6月下旬付近』まであります。

3,4年前は、7月に入ってからの一般販売でもチケットが買えたように思えるのですが、
近年はフェス人気が高まり一般販売での入手が困難になってきました。

ちなみに少し前の話ですが、私は第5次抽選先行(5月25日~29日)の当選で、ぴあから7/8にチケット発送連絡があり、7/9に受け取りました。

先行の時期によってチケットの到着は異なるので、まだ届いてない!って方は自分が何次先行なのか確認をオススメします。

 

ロッキンジャパン2018 アクセス情報

【 アクセス 】ですが、テント張る派は車で行って、チケットも「駐車券付き」が断然よいと思います。
私はシート派なので、チケットは入場券のみ。
(※今年から、イスゾーンができたようです。シートゾーンにイス置かれると前が見えなかったので良いですね)

アクセスはツアーバスにしています。
JTBから、各地域発のバスツアーが販売されており、宿泊付きもあるので、通しで楽しむ方にもオススメです。

ただ、道路状況等で開演してから到着!ということもあるので、早く行きたい方はやはり自家用車がいいのかもしれません。

私は、フェス後に自分で長距離運転する自信がないので、ツアーバスで最寄りの駅まで運んでもらっています。
バスで少し休息後、自分の車で自宅まで!が恒例です。

アクセスとしては、

・自家用車(駐車券必須)

・アクセスツアーバス(要予約)
 販売開始 → 2018年3月7日(水) 12:00

 販売終了 ↓ ↓

【1次締切(8月4日・5日公演分)】 7月12日(木)(宿泊付コース)/7月31日(火)(バスツアー)
【2次締切(8月11日・12日公演分)】 7月18日(水)(宿泊付コース)/8月7日(火)(バスツアー)

詳しくはこちら→ http://rijfes.jp/2018/access

・電車→シャトルバス(JR常磐線 勝田駅・水戸駅から シャトルバスは有料)

・自力で頑張る!(付近の民宿リサーチや体力必須 etc.)

住んでいる地域によってアクセスは使い分けができるので、行くのが大変!っていうのはそんなに無いように感じます。
車だと、渋滞は覚悟しないといけないですが(-_-)

 

ロッキンジャパン 夏フェス 持ち物

後は【 服装 ・持ち物 】ですが、ポイントは

・暑さ (タオル 水 ちょっと塩分のとれるお菓子等)
・日焼け (帽子 日焼け止めも忘れずに!)
・動きやすさ (Tシャツ パンツ スニーカー)
・天候変化 (レインコート 長袖の服 ビニール袋)
・虫さされ (虫よけスプレーやリング、薬)
・替えの服 (雨や汗で濡れたままだと帰路とても不快です)
といったところでしょうか

足元はスニーカーをオススメします!
ステージ間の移動で結構歩きますし、踏んだり踏まれたりとケガの原因にもなるのでヒールは避ける。
たまにビーチサンダルや可愛らしいサンダルで来ている人を見かけますが、そういう靴でどうしても行きたい場合は
後方で見るほうが良いと思います。踏んだり踏まれたりで、自分は痛いし周りは迷惑します。

帽子は、グルっとつばのあるハット系がオススメ!
キャップもいいのですが、首の後ろが無防備になるので要注意です。
キャップの場合はタオルで後方をガードしましょう。

雨具は天候が良くても持っておく!最近は特に天気が急変することも多いですし、野外フェスは屋根が無いので
雨が降ると逃げ場がありません。
荷物はクロークに預けられますし、1日出し入れが自由(1000円で、1袋80×90位。リュック2つは余裕で入ったハズ!)です。
ずっと持ち歩くわけではないので、持って行きましょう。

 

服装ではないですが、気になったことが1つ!
フェスでは、チケットを入場口でリストバンドに変えて入ると思うのですが、皆さんはリストバンドの付け方どうしていますか?

 

「パチン」ってする、ベルトのところ!
ビローンと長く出す?(写真:左) 二重にしてビローンを防ぐ?(写真:右)

今までは気分で何となく留めていたんですが、
ROCK IN JAPAN FESTIVAL ガイドブックにこんな記載が↓

ビローンが良い。 と。

でも、ビローンとしてると邪魔ですよね。
ダメなんですかね。
みなさんはどっち派??

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30