2021/01/30 Posted by OK

時計撮影 気を付けたいポイント【5、6枚目】

各カットの気を付けたいポイント

こんにちはOKです。

今回も各カットの気を付けたいポイントについて書かせていただこうと思います。

5枚目 尾錠、バックルを中心とする全体図の 注意すべき点

5枚目は尾錠、バックルを中心とする全体図。

全体図は2枚目でも撮っているのですが、
今度は尾錠、バックルを中心とする裏側からのカットになります。

ベルト、ブレスは時計の重要な魅力のひとつ。
デザインや革やメタルの質感をしっかり出せるように、
また、汚れや傷の多いところでもあるので見逃さないように撮影します。

6枚目 尾錠、バックル、ブレス、ベルトの裏面の注意すべき点


5枚目はバックルなどを中心とする全体図を撮りましたが、
今度は、尾錠、バックル、ブレス、ベルトの裏面を撮影します。

裏面ということで、汚れや傷が多いのはもちろんですが、
ベルト裏のメーカー名も純正品の確認になるので、撮影したいポイントです。

箱や保証書、替えベルトなどの付属品も6枚目で撮影します。
付属品が揃っているほど、付加価値も上がり売れやすくなるので、
キチンと揃えて撮影したいポイントです。

でもやっぱり、時計の撮影は難しそう…。

でもやっぱり、時計の撮影は難しそう…。と尻込みしてしまう貴女!

そんな時は、弊社にお任せください!
お客様の大切なお品物を、美しく、的確に、魅力的に撮影させていただきます。

お問い合わせはこちらから

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2021/01/30