2020/09/05 Posted by 小野寺

LPって何?ランディングページとWebマーケティングを簡単に説明します

ネットビジネスでよく耳にするLPとは

Landing(ランディング) Page(ページ)の頭文字を取ったものです。

 

通信販売の需要が高まる今、webによる集客においてランディングページ(LP)を利用する企業も増えたのではないでしょうか?

チラシやDM(ダイレクトメール)など、紙媒体での宣伝の代わりに、Webメディアを用いたマーケティング手法が大半になりつつあります。

Webマーケティングのメリットは、いつ・だれが・どのようなきっかけで閲覧したのか把握できます。

そのため、リスティング広告を取り入れた場合は費用対効果が期待できます。

 

LPを利用する企業が多い理由とは

実施するには、MA(マーケティングオートメーション)システムやサービスを導入するということがあります。

しかし、大規模且つ費用がかかり、運用側の大きな負担となります。

MAシステムにはLPを自動生成できる機能を持ったものもありますが、MAを取り入れることは必須ではありません。

MAを導入しなくても、毎回LPを作成し、CMSで公開するだけで十分といえます。

その背景から、LPを作成することは一般的な手法として認識されています。

Webを活用したマーケティングの基本として、アクセス解析などの様々なツールを用いることにより、リスティング広告を活用する時の効果測定を無料で行うことが出来ます。

一方で、Webマーケティングで重要となる、集客状況の把握やA/Bテストなどの目的だけではなく、LPに求められる、購買欲を高める効果を維持しながら離脱率を下げるという本来の目的も意識しなければなりません。

 

Webマーケティングは忙しい仕事です

このようなweb集客のノウハウがあったうえで、コンバージョンの向上というミッションにつながっていきます。

ECには非常に多くのアクションが必要なので、企業としてどの部分に投資するかが重要になってきます。

すでに商品価値が高く、認知さえできれば売れる商品であれば、アクセスを増やすことに人員や予算をかけるべきです。

ただし、その商品価値を伝える為の記事をつくるライティングのお仕事は必要です。

なかなかミッションの多い事業なんです。

 

ごえん株式会社では、ランディングページ制作のご相談やWeb広告運用のサポートをしております。

ごえんのSEO・HP集客アップサービス

お気軽にご相談下さい。

 

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/21