2016/07/27 Posted by 小野寺

【フジロック2016】 年に一度のお祭りです。

こんばんは!

ごえん株式会社の小野寺貴紀です。

夏真っ盛りですね。

夏といえば野外フェス!

ホームページのご挨拶でも紹介しておりますフジロックに今年も行って参りました。

55298

ちょっと早い夏休みを頂き(スタッフの皆さんに感謝)仕事終わりでそのまま車で新潟へ。

高速でノンストップ6時間半の距離で、夜出発~朝到着します。

今年はフジロック20周年ということで、

Red Hot Chili Peppers を筆頭に豪華なアーティストがラインナップされました。

最終日はチケットもソールドされ、ネットでは4万円との情報も。

僕も昔は現地にいけば調達できるだろというスタイルでしたが、

数年前にRadioheadが出演した年がソールドアウトで、

なんとかなるさと現地に行ったものの、

結局1日券が30,000円という値段でしか入手方法が無く、

それも何とか手に入れる為に苦労した事をきっかけにスタイルを変えました。

 

普通にチケットを購入してストレス無しで現地に向かうことを覚え、

先行販売の応募を欠かしておりません!

まぁ、それが普通ということです。普通が一番です!

 

さて、今年はほとんど雨も降らず、天候に恵まれた年だったと思います。

フジロックで初めて観た八代亜紀さんの舟歌が最高でした!

 

今年はオールナイトフジも復活ということで、会場の演出もパワーアップしておりました。

55299 55300 夏休みシフト.xlsx

 

さて、アーティストのレポートとなるとボリュームが大きいので、

今年のトピックスから皆さんと共有したいお話を少々。

 

まずは、フジロックや夏フェスを最高に楽しむために重要なのは、

コンディションの良い身体です!

 

もちろん音楽に身体を癒される事は日々あると思います。

ただし、それは日常に流れる音楽です。

夏フェス!ライヴ!これについては、100%コンディションによって楽しみが左右されます。

 

天候のコンディション

地面のコンディション

身体のコンディション

 

すべてのコンディションが最高な状態で感じるライヴが、間違いなく最高だと思います!

 

実は今年、毎年岩手から同行する友人がフジロックの初日で怪我をしまして、

とても残念な思いをしました。

 

原因は、会場を移動する際に、タイムテーブルギリギリの行動の中で、

ステージに設置されたフェンスを飛び越えようとして、引っかかったことで地面に手から落ちてしまい

骨にヒビが入ってしまったのです。

 

もちろん経験のある方も沢山いると思います。

ただ、フェンスさえ飛び越えようとしなければ起こらなかった事故でした。

 

自分も友人も結構音楽にはハングリーな方なので、会場での行動力は高い方だと思いますが、

やはり事故は誰にでも起きる可能性があるわけで。

 

その友人は大好きなビールに使った金額が、昨年の半分以下になり、

帰りの財布に詰められた札を数えながら

「今年はあまり金を使わんかったな。金が残ってるのは嬉しいけど、なんだかな・・・」

毎年10万近く持参して、そのほとんどをビールに使いきる彼にはとても残念だったことでしょう。

 

もちろん周りも気を遣うし、使われる友人も完全燃焼はできなかったと思います。

BABY METALで我慢できずに前方で踊った後に、

勢いで周りの人達とハイタッチしてしまい、痛みが悪化した彼の悔しそうな顔は、忘れることができません。

 

というわけで、夏フェスを最高に楽しむためには、無茶をせずに体調万全で臨むのがベストです!

会場でも怪我や体調管理を優先にすることがとても大事だと思います。

 

自分は丁度フジロックから戻った日に運転免許の更新があり、

免許センターで講習を受けてきたのですが、

交通事故は毎日の本当にちょっとした注意(かも運転)でほとんどが回避されるにも関わらず、

それを怠った一瞬で誰にでも起こることであり、

その事故によって、被害者も加害者も関係なく、すべての関係者の心に影を残し、

より身近な人達を不幸にする以外の事はないという映像を見せられましたが、

交通事故に限らず、すべての事柄に同じことが言えるなーと思った次第です。

 

これからまだまだ夏フェスに行く予定がある方が沢山いらっしゃると思いますが、

まずは健康第一に当日に備え、装備もしっかりと準備して、現地でも無茶をせず(ライヴでヘドバンやモッシュはアリ)、最高のコンディションで帰路について欲しいですね。

 

自分は今年サマソニにも久しぶりに参戦します!

怪我した友人もリベンジ予定です。

全然フジロックの話ではございませんでしたが、

今年も夏と音楽を楽しみましょうということで。

 

それでは明日も仕事頑張ります。

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30