2019/08/27 Posted by fue

セルフネイルが簡単!ネイルに写真をプリント出来ちゃう! ネイルプリンター CureNel

どうもfueでございます。

ネイルデザイン シンプルから写真まで 自由自在のネイルプリンターを買いました

爪がキレイなだけで何だか気分が良いしテンションあがる・・・ってことで

ネイルが好きな人多いと思います。

でも、サロンに行って希望を伝えたけど・・・なんか違う(._.)
そんなことありますよね

イメージを伝えて、ネイリストさんにやってもらっても、自分の想像と違うデザインになることが多く、
思ってたものと違う・・・

お金払ってイメージと違うものをやってもらうのって、どうなの?

やっぱり自分のしたいネイルがやりたい!
結果、
セルフネイルになりました。

しかし!!
セルフだと利き手はどうしても上手く出来ないし、限界が・・・・
そんな時、「ネイルプリンター」に出会いました!

メーカーが数種類あるようなのですが、
その中でもお手頃価格の【 フナイ CureNel キュアネル ネイルアートプリンター】を購入。
ヤマダ電機独占販売の商品で、税込\32,184

ちょっと高くない??  と思いましたか?

まぁ、どんな感じになるのか見てみてください。

購入してから、使い方やデザインのしかた色々実験中です。

で、何が必要???

まず、必要なものご紹介

・キュアネル専用プリコート
・キュアネル専用インクカートリッジ
・キュアネル専用プリコート
・ベースカラー(基本的には白がオススメ) ※このプリンターは白が出ないのでデザインを考えつつ選ぶ
・専用アプリ(無料)名称 CureNel

使い方

1 デザインを決める
350種類以上のネイルデザインで、仕事にもイベント等にも最適なのが見つかるはず!

アプリで簡単にデザインすることができます。
既存のデザインの他、自分のスマホに入っている「写真」や「画像」プリントできます。

縮小、拡大、回転、反転・・・自由自在なので思いっきりデザインが楽しめます。

デザインが苦手でも大丈夫。気に入った画像を選ぶだけでもう立派なネイルデザインになっています。

2 作成したデザインを保存する

前回のデザインをもう一度やりたい!と思った時も安心な機能

『My design』に保存して置けばいつでもプリントできます。
保存してあるデザインをもとに新たにデザインを作ることも可能です。

3 プリントする為下準備

①ベースを塗る

ベースカラー(基本的には白がオススメ) ※このプリンターは白が出ないのでデザインを考えつつ選ぶ
・実験の結果→クリア系のベースだとプリンターの範囲選択がしにくかったです。(でも出来ます!下記参照ください☆)
マニキュアじゃなくジェルネイルにもプリント可能です。

②キュアネル専用プリコートを塗る

これを忘れるとインクが水溶性なので定着しません。端の方を塗り損ねたりするので丁寧に塗ることをオススメします。

4 プリンター登場!どう使う?使い方ご紹介

Wi-Fiでスマホとプリンターを繋ぎます。
Wi-Fiといっても機械同士の通信なのでインターネットのWi-Fiがなくて大丈夫です。

プリントしたい指を選択し1本ずつプリントしていきます。

対象の指をここに↓入れて

プリント範囲を指定
自動で認識してくれます。上でも書きましたがクリアベースは認識しにくいので手動で範囲指定をします。
この時プリンターから指を出してOK!なので作業がしやすいです。

範囲指定が完了したらプリント開始!

数秒で終わります。

もし、失敗してもトップコートを塗る前であれば水洗いでインクが取れます。
このとき、キュアネル専用プリコートを塗り直ししてもいいと思います。
そのままプリントしたらインクのりが悪かったので・・・・((+_+))

プリンターに指を入れる順番は考えてからをオススメします。
適当にやると指を変な角度で維持しなければなりません・・・・短い指からやるのがいいのかも

プリントが終わったらトップコートを塗って終了!

 

 

 

好きなデザインのネイルが思ったとおりに楽しめるオススメ品です。

0
  • この記事をシェアする
  • B!
更新日:2020/09/30